老後の人生設計

60 代の一人暮らしで「大切にしたいコト」とは⁉

西川
西川
こんにちは!早朝ランニング時の景色も大好きな西川です!(@after_life_co)。

こんにちは!アフターライフの西川です!

今回の記事では、老後の一人暮らしを「不安」なく過ごす為に、皆はどのようなことに「意識」しているかについて一緒に見ていきたいと思います!

老後生活を最大限に「楽しむ」為にも、リスクになり得る問題点を一つでも多く把握し、予防し続けることの「リスク回避」と、人生を前向きに過ごす為の「生きがい」を見つけることで「充実した老後生活」を実現させていきましょう!

夢中になれる「生きがい」

老後生活を明るく過ごす方の特徴として、生きる楽しみとなるような「生きがい」を持つ方が多いようです!

一人暮らしに限ったことではないですが、老後生活は現役時代と比べて、「時間」にゆとりが生まれる為、その「時間」「好きなこと」で埋められるかが人生を豊かに過ごす為の重要なポイントのようです。

「好きなこと」「生きがい」を見つけることが、人生を前向きに過ごす「目的」となり、自身の未来に希望を持つことで、より人生を楽しむ為の「きっかけ」となるようです。

いつも日常ならスルーしてしまうようなことにも、少しだけでも前向きに興味を持つことで、一つでも多くの「生きがい」を見つけて人生を豊かにしていきましょう!

夢中になれる「生きがい」

社会との「繋がり」

高齢者が一人暮らしを送る上で、最大の注意点は社会からの「孤立」のようです。

今までは、当たり前のように「仕事」を通じて社会との繋がりを持ち、定期的に「人」と会う機会がありましたが、定年退職後は意識的に社会との繋がりを持とうとしない限り、「孤立」した老後生活になってしまいます。

老後生活に限ったことではないですが、一人暮らしの最大の「デメリット」は自宅で倒れた、気を失った等の「ピンチ」を迎えた際に社会との繋がりがないと誰かに気付いてもらえないことです。

「ピンチ」は誰にでも起こり得るトラブルとなりますので、問題点を他人事にせず、率先して社会との繋がりを持つことで、一人では乗り越えるのが困難な「ピンチ」も乗り越えやすい環境を築くことが、より明るく幸せな老後生活を実現させる「コツ」のようです!

社会との「繋がり」

親しい「友人」作り

ここでは社会との繋がりより、もう少し深い関係の「友人」を持つことが、人生の「ピンチ」を助け合うことは勿論のこと、人生を前向きに生きる為の「モチベーション」に繋がるようなので、一緒に見ていきましょう!

交友関係を広げるのは簡単なことではないかと思いますが、ここで新たな「友人」作りの「きっかけ」となるのが、自分の「好きなこと」「趣味」という共通点を利用される方が多いようです。

「好きなこと」を共通点として交友関係を広げるからこそ、価値観の近い悩みや、より現実的なアドバイスをお互いで出し合うことで、「趣味」のクオリティアップに繋がったり、切磋琢磨することで人生のモチベーションアップに繋がっているようです。

大人になってから率先して交友関係を広げるのは、とても体力が必要になるかと思いますが、そのデメリット以上に得られるものとして、「感動」「喜び」の共感が生きる活力になり、「悩み」の相談が出来る相手がいるからこそ、一人では見出すことが出来なかった「より良い未来」を築ける大切な「コツ」になるようです!

いつもの自分より、少しだけでも「前」に踏み出して、今以上の「明るい未来」を引き寄せましょう!

親しい「友人」作り

記事のまとめ

今回の記事は、老後の一人暮らしを豊かに過ごす為の考え方について掲載させて頂きました。

社会との繋がりとなっていた「仕事」を定年退職をしてからは、意識的に社会との繋がりを持とうと心掛けなくては、直ぐに社会から「孤立」してしまい、万が一の時の「ピンチ」に気付いてもらえないといった一人暮らし特有のデメリットが生じます。

人と助け合うことで容易に乗り越えられる「ピンチ」なのに、人との繋がりがないことで「人生を左右する困難」になってしまうことは、とても悲しいことです。

自分が好きな「生きがい」「趣味」を共通点として交友関係を広げることで、「ピンチ」に対して助け合うことが出来ることに加え、「趣味」を一緒に行ったり、切磋琢磨出来る相手がいることで、「生きる目的」を見出す「きっかけ」にもなるようです!

老後生活を最大限に楽しむ為にも、いつもの日常より「一歩前」に進んで楽しさを発見してみるのも人生に良い刺激をもたらすかと思います!

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました!

別の記事では老後問題の具体的な解決策も掲載しておりますので、よろしければご一読頂けますと幸いです。

ABOUT ME
西川 明彦
西川 明彦
私は自身の若い時に母を亡くし、祖母に育てられ、その祖母の介護などを行った経験から介護高齢者社会の現状に問題を持ち事業を立ち上げました。アフブロではこれからお仕事を退職される方々へ第二の人生を豊かにするお役立ちになるような情報をお届けしていきます。
シニア向け会員制SNSサービス『えんアップ』
西川明彦
西川明彦
もうすぐシニアの皆様の「あったらよかった」を形にした新しい形のコミュニティーサービスをリリースします。まずは詳細をご覧ください。

『えんアップ』の詳細はこちらから