老後の資産運用

60歳・65歳からの老後の生活を豊かにする3つのポイント

60歳、65歳からの自己投資
西川
西川
こんにちは。最近の休みは息子とキャッチボールにはまっている西川です(@after_life_co)。

老後生活の豊かさについての感じ方は一人一人で異なるかと思います。

この記事では理想とする「豊かな老後生活」を目指したベースとなる考え方を「身体」、「コミュニケーション」、「お金」の3つのポイントに分けて掲載しております。

その3つのポイントを総合的に考えた上で、バランスのとれた「あなた」の求める答えに近づく為のお役に立つ事が出来れば幸いです!

それでは本日は60歳・65歳からの老後の生活を豊かにするというテーマで3つのポイントごとにご紹介をさせていただきますね。

ポイント1:身体ケアの必要性

西川
西川
まず、豊かな老後生活を送る上で欠かすことの出来ない重要項目が健康的な身体の維持です。

適切な運動や健康的な食事を継続することで、より長期間の健康的な身体が維持できますが、その健康的な身体がもたらすメリットは健康寿命を延ばし、要介護を防止するだけでは留まりません。

健康的な身体は自身の自由な時間を多く作り出し、趣味や友達付き合い、仕事といった社会との繋がりが持てる事で、今後を生きる為にとても大切な「生きがい」を築く事が出来ます。

アフロさん
アフロさん
私ももうすぐ65歳だけど、なかなかこの年になって「新しい生きがい」は見つからないと思っていたけど可能性はいろいろありそうだなぁ。
西川
西川
そうですね、一つでも多くの「生きがい」=「人生の活力」に出会うためにも、ご自分の身体を思いやって頂き、健康的な身体を心掛けて生活頂ければ嬉しいです。

ポイント2:コミュニケーションの必要性

西川
西川
次に、コミュニケーションを通じて積極的に交友関係を広げようと一歩前に出て頂くことで、あなたを必要とする方々があなたのことを待っていることに気付けると思います。

同じ環境を生きる方々はあなたと同じ悩みを抱いており、社会での居場所や老後問題に対しての不安や悩みを持って生活しております。

価値観が近い方と相談やアドバイスをもらうことで多角度的な気づきや、現実的な解決策を見つけられることに繋がり、現状より豊かな老後生活の発見に期待が持てます。

60歳、65歳の老後の健康

また、趣味を通じて交友関係を広げることで、楽しさを分かち合うことや人から求めらる喜びを感じることが出来たり、友人と切磋琢磨することで趣味のクオリティ向上をにも繋がります。

今以上に人生を楽しむ為にも自ら一歩を踏み出し、率先したコミュニケーションで明るい未来を築き上げていきましょう!

ポイント3:老後のお金

ここまで60歳、65歳からの老後の生活を豊かにするための身体ケアとコミュニケーションについてご紹介さて頂きましたが、この3つ目の問題が一番大きいと言っても過言ではないかと思います。

日々の日常生活に加え、健康的な身体を維持することや、お友達付き合い、趣味といったことを現状以上に行っていくことは余分な出費に繋がり、家計を圧迫する要因になるのではと考えられるかと思います。

ご想像の通り、人生を豊かにする為といっても無制限に「老後に良い」とされているものを取り入れてしまえば家計を大きく圧迫することになり、老後生活を楽しむどころではなくなってしまいます。

西川
西川
そこで、今後の人生をより楽しむ為に何に対して優先的に自己投資することが効果的かを一緒に考えてみましょう!

先ず、当たり前のことですが日常生活の維持ですね!

この日常生活をより長く維持する為に自己投資先を検討していくのですが、このタイミングで現状の生活水準を見直し、どれだけの金額が自己投資と使えるか確認してみましょう。

ライムさん
ライムさん
あ…
西川
西川
…..余裕なお金なんてないですよね。。笑

ここで考えて頂きたいことは現役で仕事に従事していた時代と現状の生活水準を比較することで抑えることができる生活費がないかということです。

収入が多かった頃から何となく継続してしまっている趣味や、必要性の低い買い物、子供が自立して使用頻度が少なくなった大型ファミリカーなど、一度、見直してみることで将来の自分へ投資できるお金が発見できないか確認してみてください。

現状の生活水準を見直して頂いたところで月々の収入と支出がより明確になったかと思いますので、ここから将来の自分に対して本当に必要なものについての優先順位を整理しましょう!

西川
西川
ここで重要なことは何にお金を使うことで自分の自由度に繋がるかです!

万が一、認知症や要介護になった時を想定して、いざという時の為の貯蓄するお金の使いかたも間違った使いかたではないかと思いますが、介護状態は個人差が大きく、介護のレベルや期間で必要とするお金(介護保険+αのお金)の全体感が掴みづらいといったデメリットが考えられます。

この不透明な出費を少しでも想定の範囲内で納める為にも健康寿命を引き延ばすとされている「運動・食事・コミュニケーション」といったことについて率先した自己投資がより具体的な解決策ではないかと思います。

60歳、65歳からの自己投資

そして、健康的な身体は「働く」という選択も可能にする為、健康寿命を延ばす為の自己投資に加え、趣味や娯楽といった人生の楽しみを見出す可能性もあります。

老後2,000万円等の老後資金が問題視され、不安だけが独り歩きしてしまいがちではありますが、問題点に正しく向き合い、自分にとってベストな答え(老後生活)を発見していきましょう!

記事のまとめ

さて、本日は「60歳・65歳からの老後の生活を豊かにする3つのポイント」というテーマでご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

老後生活は問題が多岐にわたり、簡単には解決策が見出せない場合が多いかと思いますが、一つでも多くの選択肢を残す為の最初の一歩として健康的な身体を大切にして過ごしていきましょう!

60歳、65歳からの自己投資

自由な選択ができる人生は心にゆとりが生まれ、ゆとりある人生は生きる楽しさの発見に繋がりますので、あなた自身がご自分の身体を大切に思い、少しでも長く健康的に過ごせるように行動するきっかけになれれば幸いです。

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました!

別の記事では老後問題の具体的な解決策も掲載しておりますので、よろしければご一読頂けますと幸いです。

ABOUT ME
西川 明彦
西川 明彦
私は自身の若い時に母を亡くし、祖母に育てられ、その祖母の介護などを行った経験から介護高齢者社会の現状に問題を持ち事業を立ち上げました。アフブロではこれからお仕事を退職される方々へ第二の人生を豊かにするお役立ちになるような情報をお届けしていきます。
シニア向け会員制SNSサービス『えんアップ』
西川明彦
西川明彦
もうすぐシニアの皆様の「あったらよかった」を形にした新しい形のコミュニティーサービスをリリースします。まずは詳細をご覧ください。

『えんアップ』の詳細はこちらから